カメラ嫌いの写真好き。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Nami Urakawa
 
[スポンサー広告
水引ワークショップ
20170910_1366.jpg

@toalu

昨日は、先週の九十九島音楽祭で偶然お会いしたご縁で
前からちょっと気になってたミリオベさんの水引ワークショップに参加。
あわじ結び→梅結びを教えてもらいました。

1本から順に本数を増やしていき、目標は6本だったのだけど
5本がやっとできたところで集中力切れ&タイムアウト。いや〜。思ってた以上に難しい。笑。
それでも、黙々と水引と向き合う時間はとても楽しくて充実していました。
とりあえず昨日のところは、4本と3本で作った梅結びで帯留めを仕上げました。

お持ち帰りした14本で練習して、もう少し上手になったらピアス作りたいなー。
水引のピアスなら、着物にもピッタリ合いそう。

Copyright (C) 2017 Nami Urakawa All Rights Reserved.


スポンサーサイト
Posted by Nami Urakawa
comment:0  
[今日の1枚
Kervey Heithel
20170826_1256.jpg
20170826_1273.jpg

@アルカス九十九島音楽祭

久々にナマオトを浴びた日。
いや〜。Kervey Heithel、イカス!そのひとことに尽きました。。。

けむりの映画「あかりのあかり」も、やっと鑑賞。
今まででいちばんストーリーがわかりやすく、そしてちょっと胸がキュッとするような。

Copyright (C) 2017 Nami Urakawa All Rights Reserved.


Posted by Nami Urakawa
comment:0  
[創る、奏でる、踊る
トレジャーハンティング
20170806_1171.jpg
20170806_1182.jpg
@嬉野

ハプニング連続で目の回るような日々の中で、やっとこ週末。
撮影小物を探す旅で、嬉野を巡る。

目指す場所が、日曜日なのに行くとこ行くとこお休みという
なんともいけずな仕打ちにあいながら
ハラペコでたどりついたランチは佐嘉平川屋

ココがまー大当たりのおいしさで!
食べ過ぎたので、腹ごなしに轟の滝で川遊びまで楽しんできました。

1枚目の写真は、1件目のランチにフラレタあと、車から見えて
あまりのかわいさにUターンまでして撮った、にっこりひょうたん。

Copyright (C) 2017 Nami Urakawa All Rights Reserved.

20170806-3.jpg

先週は雪浦、今週は嬉野。
海と違って、川は近くに必ず木陰があるので涼しくて過ごしやすい。
水も冷たくて気持ちいいし、風も感じやすいね。

予定のモノは見つからなかったけど、ワクワクを共有できる友と
元気に走りまわる相棒の姿はまぎれもなく今日の財宝。


Posted by Nami Urakawa
comment:0  
[今日の1枚
宇久島へ
20170522-0044.jpg 20170522-0032.jpg
@宇久島

先日、7年ぶりに宇久島に行って来ました。
前回は2010年7月号の広報させぼの取材(→コチラ)。そして今回も別件の取材。

宇久の風景は7年前とまったく変わらず、美しい海と優しい笑顔の人々に会えて
仕事とはいえ、本当に良い時間を過ごしました。

何より、前回の取材のときにお会いした方や
今回は会えなかった方々が、その後お変わりなく元気でいらっしゃることがわかり
改めて、プライベートでゆっくり訪ねたいなと思った次第。

船便が1日目昼前着、2日目午後イチ発のため、丸1日しか時間がなく
3件の取材先をまわらなければならなかった関係で
スケジュール上、着いてすぐの1時間くらいが唯一の自由になる時間。
あらかじめ出航前に買っておいたおにぎりを手に、レンタカーを走らせ
真っ先に向かったのは、対馬瀬灯台と大浜海水浴場でした。
上の2枚は古いiPhoneでいろいろイマイチな写真ですが、一応証拠写真ということで。笑。
(仕事とは思えないリゾート感満載に見えるのですがね)

あぁ。また行きたいな。というか、週末ココで過ごせる生活ができたらいいのになぁ。
がんばって稼がないと。
というか、まずは目の前の原稿を仕上げないと。。。汗。

さてさて。ヒキコモリで原稿書いてるこのお仕事も、この10日間が勝負の週に突入です。。。

Posted by Nami Urakawa
comment:0  
[今日の1枚
界隈一の仏頂面その後
20170410_4863.jpg
20170410_4860.jpg

久しぶりに会えた彼は、前回(→コチラ)よりずいぶん大きくなっていて
人見知りからの〜追いかけてきてハイタッチ♡ など
なかなかに憎らしいほどのツンデレテクも身につけていました。笑。

それにしてもこの、そこはかとなく漂う昭和感。
前髪のせいか、それとも90年の暖簾が成せる技か
はたまた、この町の雰囲気からくるものなのか。。。

おそるべし、右肩上がりのお洒落タウン育ち。

Copyright (C) 2017 Nami Urakawa All Rights Reserved.


Posted by Nami Urakawa
comment:0  
[暮らし
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。